古楽アンサンブル「プティ・ヴィオロン」Official Website

第5回演奏会、詳細決定しました!!

プロイセンの宮廷から ~フリードリヒ大王の宮廷楽士たち~

2018年3月2日(金)19:00開演(18:30開場)

杉並公会堂  小ホールにて
(荻窪駅(北口)から徒歩約7分)

☆演目
カール・ハインリヒ・グラウン:歌劇《チェーザレとクレオパトラ》序曲
フランツ・ベンダ:ヴァイオリン協奏曲 ハ長調
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ:シンフォニア ト長調  ほか 
※曲目は変更になる場合があります

☆チケット料金(税込)
S席    4,000円
S席ペア券 7,500円
A席    3,000円

☆チケット取り扱い ※全席指定 座席表
ご予約はこちらから
《先行予約受付中!》 ※11月6日より順次チケット発送

☆出演
指揮、ヴァイオリン独奏:佐藤駿太
フラウト・トラヴェルソ独奏:吉崎恭佳

ヴァイオリン:出口実祈阪永珠水、池田梨枝子、堀内由紀
ヴィオラ:石井弓奈
チェロ:野津真亮、小林奏太
コントラバス:角谷朋紀
チェンバロ:佐藤理洲

栄華を極めるフランスのヴェルサイユ宮殿から北東におよそ800km、プロイセンのポツダムでは才気溢れる若き国王フリードリヒ2世が政務の傍ら、彼の宮廷楽士たちと共にほぼ毎晩のように演奏会を催していました。そのプロ並みの音楽の才能とフルートの技量を持った彼に召し抱えられたのはヨーロッパ随一の音楽家ばかりで、国王の好むフランス趣味を取り入れた彼らの作品はギャラント様式、また多感様式と呼ばれ独自の発展を遂げてゆくのです。
今回はそのような大王の音楽家たちの作品に、フランス・バロックのレパートリーを専門としてきたプティ・ヴィオロンが光を当てます。華麗で変化に富んだシンフォニア(交響曲の前身)を弦楽合奏で、流麗で伸びやかな旋律の協奏曲を主宰自らのヴァイオリン独奏と、スイス留学中である吉崎恭佳のフルート独奏でお楽しみください!


ぷちびおろん 次回公演

南青山マンダラ フランス宮廷音楽ライブシリーズ 2017-2018